レーシックはまだまだ歴史が浅い

レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。

 

他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。



レーシックはまだまだ歴史が浅いブログ:2019-1-17

減量中は、
24時間3食、きちんと食べることがとても大切!

食べる事と食べる事の間が空きすぎると
身体が必要以上に吸収しようとしたり、
身体のリズムが狂ったりするからです。

さらに、夕方食はやや少なめに、
逆に7時食をたくさん食べるようにして、
24時間の摂取カロリーをコントロールすることがポイント!

夕方摂取したカロリーは活動に使われることがないので、
寝ている間に脂肪になりやすく
逆に、7時摂取したカロリーは24時間の活動で
消費されやすいからです。

そして、気をつけたいのが栄養バランス。

減量中は筋肉を維持する、
もしくは増やすことが大切ですよね。

筋肉量が多ければ、基礎代謝量が増えて、
太りにくくやせやすい身体になります。

たんぱく質は、筋肉を作る源になる栄養素です。

いくらトレーニングしても、
たんぱく質を摂取しなければ筋肉は作られないんですよ。

たんぱく質を効果的に摂取するには、
筋肉が作られる時間帯に合わせて
摂取するといいとされています。

筋肉が作られる時間帯とは…
「トレーニング後の三十分〜1時間後」と
「夕方寝ている間」
なんだそうです。

つまり、夕方食でたんぱく質を摂取すれば、
夕方寝ている間、筋肉が作られる時間帯に、
たんぱく質を供給できて、
効率よく筋肉を増やすことができるわけですね。

逆に、炭水化物は糖質の源になる栄養素なので、
活動のエネルギー源として使われるものになります。

もちろん、人間の活動には必要不可欠なものですし、
7時食、11時食ではおおいに摂取する必要があります。

ただし夕方食や、夕方寝る前に炭水化物を
たくさん摂取してしまうと、使われずに余ったものが
そのまま寝てる間に脂肪として蓄えられてしまいますよ!