レーシックはまだまだ歴史が浅い

レーシックの治療において今現在利用されている技術というのは、まだ確立され始めてから歴史が浅いものとなります。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックの手術で最悪の失明をしてしまうかもということですが、これはほぼあり得ないといえるでしょう。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。

 

他の病気や疾患の手術でもリスクはあるのと同じでレーシックにもリスクはあります。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。



レーシックはまだまだ歴史が浅いブログ:2018-10-19

減量のために
体操を始めた人が陥りやすいワナは、
「ごはんが美味しくなる」ということでしょう。

そもそも減量の必要がある体型をしている方は、
標準よりも多めに
ごはんを食べてしまっている可能性が強いはずです。

あるいはごはんの量は普通でも、
油物や糖分が多かったり…
とにかく、食べることが嫌いなら、
減量が必要になることもありませんよね…

元々食事が好きなのに、
減量で体操を始めると、
当然ですが、いつもよりお腹がすいてしまいます。

お腹がペコペコだからこそ
「ごはんがより美味しい!」
まさに健康の証ともいえる現象ですね!

「体操しているから大丈夫」という安心感で、
普段より食事量が多くなると…
体操による消費エネルギーよりも
食事による摂取エネルギーが上回ってしまうので、
当然減量効果が出にくくなります。

減量のコツは、
体操と食事制限を同時に行うことです。

なので、
摂取エネルギーより消費エネルギーが上回るよう、
体操に励む必要があるのです。

せっかく体操してダイエットに取り掛かるなら、
一刻も早く成果を出したいものですよね!

なかなか成果が出なければ、決意も揺らいでしまいます。

そこで、食事もある程度制限し、
集中して減量に励む必要がありますが、
減量を実践している人の中には、
間食や日本酒をカロリーにカウントしていない方も…

むしろ間食や日本酒は減量の大敵ですから、
せっかくの体操効果を台無しにしないよう、気をつけましょう!