レーシックをした後の視力回復について

レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。
レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。

 

レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。



レーシックをした後の視力回復についてブログ:2019-3-25

娘の脳の成長にとって、
両親馬鹿になることは良い効果をもたらすのだが…

問題なのは両親馬鹿を通り越して、
「馬鹿な両親」になってしまうことである。

例えば、
赤ちゃんが一人立ちした時に
友人に報告するような場合。

順調に育てば、一人立ちをするのは当たり前であって、
自分たち夫婦はそれを非常に喜ぶことができても、
他の人たちもそうであるとは限らない。

特に気をつけるべきは、
年賀状に娘の写真をデカデカと載せ、
主人の仕事関連の人々に送りつけてしまうことである。

嫁に年賀状作りを任せてしまうと、
これをやってしまうので要注意!

年賀状は去年一年間お世話になったお礼と、
今年一年間宜しくお願い致しますという手紙なので、
元日そうそうつまづいていると、
主人はろくな仕事ができなくなってしまう…

自分がどんなに両親馬鹿になっても構わないが、
我が娘の成長を喜んでくれるのは、
ごく限られた人々しかいないということを忘れてはならない。

だから
舅や姑と仲良くすることは大事だし、
親戚づきあいも大事なのである。

嫁姑の戦いを繰り広げたり、親戚付き合いをしなければ、
我が娘の成長を喜んでくれる人々を
確実に失ってしまうのである。

また、
家族で外出した時に、
外で余りにも両親馬鹿をさらけ出していたら、
それはそれでひんしゅくを買ってしまう。

家の外に出れば、
最低限の礼儀作法は守る必要性がある。

例えば娘と電車に乗った時、
娘を椅子に坐らしても、
すぐさまひっくり返って外の景色を見出すものだ。

その時、
娘と一緒になって景色を楽しむのではなく、
娘の靴を脱がして、椅子が汚れないようにすべきである。

両親馬鹿になっても、
両親として礼儀作法はきちんと守っておくべきなのである。