レーシックをした後の視力回復について

レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。
レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。

 

レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。





カンナ社長check!
カンナ社長について
URL:http://www.aqura.co.jp/kanna/


レーシックをした後の視力回復についてブログ:2018-7-20

皮下脂肪は、皮膚のすぐ下にある皮下組織につく脂肪です。
「肉体を外界との温度差から守る」
「ぶつかったときなどの衝撃を吸収する」
「生命維持に必要なエネルギー源となる」などの働きがあります。

内臓脂肪は
すぐに使えるように先に燃焼する脂肪であるのに対して、
皮下脂肪は
あくまでも備蓄エネルギー用として肉体に貯められているため、
燃焼しにくいという欠点があります。

男性よりも女性につきやすく、
一度たまると落ちにくいのが特徴です。

運動をすると、
まず筋肉内のエネルギーが使われます。
続いて内臓脂肪が燃焼され、
最後に備えの皮下脂肪がようやく使われます。

この皮下脂肪が燃焼されるタイミングは、
有酸素運動を20分ほど行ったころが目安だそうです。

運動を始めてから20分以内は血中の脂肪が消費され、
それ以後に皮下脂肪が消費されるので、
継続的な運動が必要となります。

職場への通勤途中で一駅分歩く、階段を使う、
テレビを見ながら肉体を動かすなど、
日々の生活に動くことを取り入れ、
まずは肉体を動かすことに慣れていきましょう。

そのあと、ジョギングやウォーキングなどの
有酸素運動へ移行する事をおすすめします。

正しい姿勢や生活習慣などに使う筋肉がしっかり付いてくれば
脂肪が燃焼する有酸素運動の時には、
皮下脂肪も燃焼するようになります。

極端な食べる事制限をすると、
皮下脂肪が燃焼するどころか、ますます肉体に脂肪を溜め込み、
逆効果になってしまいます。
また肉体の基礎代謝の低下を招き、
皮下脂肪は燃焼しないという悪循環を作り出します

皮下脂肪を落とすには
一日3食栄養バランスのとれた食べる事をしっかり摂り、
そして意識して肉体を動かすことが大切なんです。