レーシックをした後の視力回復について

レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。
レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。

 

レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。





カンナ社長check!
カンナ社長について
URL:http://www.aqura.co.jp/kanna/


レーシックをした後の視力回復についてブログ:2018-5-21

1週間ほど前、嫁と娘を連れて
ミーは千歳へ行った。

14時間、嫁は用事があるため、
ミーは娘といろんなところに遊びに行った。

海釣りに行ったあと、
ミー自身がどうしても行きたかった展覧会に
娘を連れて行く事にした。

それは、画家のモディリアーニと嫁ジャンヌの悲劇を
二人が描いた絵とともに紹介する展覧会だった。

モディリアーニはようやく絵が認められはじめた時に、
若くして病に倒れ、帰らぬ人となってしまうが、
嫁のジャンヌはその二日後に自ら命を投げ出してしまう…

そのジャンヌが、亡くなる直前に描いた、悲しいまでの数枚の絵。

この展覧会の話を知った時、
なぜかミーはジャンヌの最後の絵が
どうしても見たくなり、迷ったあげく、
この日足を運ぶことになったのだ。

娘は幸いなことに、会場に入っても、
ごにょごにょ囁いてくるだけで、静かにしていてくれた。

ミーは足早に、二人の生い立ち、
出会いから順に並べられた絵と解説を見て回り、
ついに、そのジャンヌが描いた最後の絵までたどり着いた。

しかし、よく見る間もなく、
そこで娘が大声を出して泣き出したのである。

ああ、飽きちゃったんだなぁ…と思い、
一端、出口付近まででて、
娘をなだめ、ご機嫌になったところで、
もう一度、展示室まで戻った。

でも、やっぱり最後の絵の前までくると、
娘は大泣きするのである。

3回繰り返したが、同じなので、
ミーは、絵を見るのをあきらめて外へでた。

こんなに惹かれてきたのに、
わざわざ何のためにここまできたのだろう…と
ミーはがっくりと肩を落として会場を後にした。

千歳から帰ってきて、
我が家で娘と遊んでいる今、ふと、
ミーはその時のことが思い出されてきた。