レーシックをした後の視力回復について

レーシックをした後の視力回復について


レーシックをした後の視力回復について
レーシックの手術におきまして、視力がどの程度まで取り戻すことが出来るかどうかは、多くの人が疑問に思っていることでしょう。
なので実際に手術をしてくれる担当医の先生からの注意事項等はしっかりと聞くようにしましょう。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。
レーシックでは、最近における技術向上によりまして、どんどんとその安全性が保証されてきているのです。
視力矯正手術は、角膜を直接治療することとなるので、なかなか手術をする勇気が出てこないこともありますが、その安全性は現在におきましてはほぼ確立しているのです。

レーシックの手術を実際に受けた人のデータとしまして、裸眼での視力が1.0よりも低い人となっており実は約30%も占めています。
メガネもコンタクトレンズも必要とすることなく快適な暮らしを実現することが出来ているのです。




レーシックをした後の視力回復についてブログ:2018-9-12

本日、おいらが住んでいる成田は晴れ時々雨のち曇りです。

晴れ時々雨のち曇りの日もあれば、晴れ時々雨のち曇りの日もあり、晴れ時々雨のち曇りの日もあります。
当たり前のことですよね。

人間の「心」もこのように
晴れ時々雨のち曇りの日もあれば晴れ時々雨のち曇りの日もあります。

やる気いっぱいに
「減量するぞー!」
「痩せてキレイになるわ!」
…などと、やる気満々の時には、
張りきっていろいろな方法にチャレンジしたり、
元気いっぱいに減量を続けます。

しかし、いい時ばかりではありません。
時には、心に悪天候が降るときもあります。
「落ち込んだとき」
「自分が小さく見えるとき」
「周りから非難されたとき」とか…

「つい食べ過ぎちゃった」
「トレーニングをサボってしまった」
なども心が小さくなりがちです。

心が小さくなると
「こんなおいらなんかどうせ減量できない」
と思いがちです。

これが一番のクセモノです。

「おいらなんか」と言う言葉は、
自分の器を自ら小さくしてしまうようなものです。

だから絶対
この「おいらなんか」と言う言葉は使わないようにしてくださいね!

心にも晴れ時々雨のち曇りの日もあれば晴れ時々雨のち曇りの日もあります。
そういうものなんです。

悪天候の日には傘を差して悪天候をよけるように、
自分の心にも傘をかけてあげましょう!

そんなときには、多少減量をお休みしてもいいと思います。
気にせず、悔やまず、責めない…
そんな風にして、心に光が射してきたら再び歩みだせばいいのです。

それまではじっとして、心に栄養を与えてあげましょう。
晴れ間が見えてきたら再びやるべきことを淡々と続けていきましょう。

多少立ち止まっても、回り道しても、戻っても…
再び元の道に戻って淡々と続ければ、
減量は必ず成功します。



レーシックをした後の視力回復について

レーシックをした後の視力回復について

★メニュー

レーシックで老眼も治療出来てしまいます
レーシック後には感染症が発生することも
術後に安定するまでの日数
レーシックはまだまだ歴史が浅い
レーシックをした後の視力回復について
遠視もレーシックで治療することが可能です
手術中に痛みが生じることも確かにある
ドクター選びは知識と経験がもっとも大切
一時的なレーシック手術の後遺症
レーシックは両目だけではなく片目でも出来ます


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックの全てを知りたい!お役立ち情報