ドクター選びは知識と経験がもっとも大切

ドクター選びは知識と経験がもっとも大切



ドクター選びは知識と経験がもっとも大切ブログ:2018-7-01


男女を問わず、
お腹周りの減量が課題…という人は
少なくないですよね。

薄着をする時期には特に気になりますし、
秋冬は目立たないとは言え、たくさん食べる時期ですので、要注意!

お腹周りの減量が必要なのは、
美容目的だけではありません。

最近では、会社の健康診断でも、
メタボリックシンドロームについて、言われることが多くなりましたから、
内臓脂肪が付いて肥満にならないようにしなければいけません。

また、
お腹周りの筋肉が鍛えられていると、
内臓をしっかりと働かせることができますので、
辛い便秘を予防するのにも役立ちますよ!

お腹周りが気になる人は、
食事のコントロールだけでなく、トレーニングも行なって、
スッキリさせましょう。

お腹周りを「鍛える」基本的なトレーニングと言えば、
仰向けに寝て上体を起こす腹筋トレーニングですが、
うでなどで反動を付けないようにすることが大切です。

お腹を意識できるように、
お腹の上に手を置いておくと良いですよ。

また、起き上がるところまでするよりも、
おへそをのぞき込むところまでで十分です。

腹筋を鍛えるトレーニングを手軽に行ないたいなら、
椅子に座った状態で
両あしを揃えて上に持ち上げるトレーニングがお勧め!

体力に自信のない人は手を横に付いて行なえますし、
できそうな人は手をお腹の上に置いてあしを高く上げましょう。
回数は体力に合わせて調整して下さいね。

大切なのは回数ではなく、日々続けることです。
日々、少しずつでも頑張って、
お腹周りをスッキリさせましょう!

ドクター選びは知識と経験がもっとも大切

ドクター選びは知識と経験がもっとも大切

★メニュー

レーシックで老眼も治療出来てしまいます
レーシック後には感染症が発生することも
術後に安定するまでの日数
レーシックはまだまだ歴史が浅い
レーシックをした後の視力回復について
遠視もレーシックで治療することが可能です
手術中に痛みが生じることも確かにある
ドクター選びは知識と経験がもっとも大切
一時的なレーシック手術の後遺症
レーシックは両目だけではなく片目でも出来ます


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックの全てを知りたい!お役立ち情報