ドクター選びは知識と経験がもっとも大切

ドクター選びは知識と経験がもっとも大切



ドクター選びは知識と経験がもっとも大切ブログ:2017-11-08


あたくしは、減量のために食事にも気を付けて、
トレーニングも頑張っていたんですが、ぎっくり腰になってしまいました。

ぎっくり腰の治療中はほとんど動けませんから、
当然トレーニングなどはできません。
ひたすらジーっと布団で横になり、痛みが引くのを待つしかありません。

で、どういうわけか
食事の減量までお休みしてしまいました。

本来「ぎっくり腰でトレーニングができない」ことと
「減量」は関係ありません。
ましてや「ぎっくり腰」と「食事」なんてまったく無関係です。

でも人間心理として
「ぎっくり腰でトレーニングできない」=「減量できない」
と考えてしまい、その結果
「食事の減量もやめてしまう」
という図式になってしまったんですね。

やがて、ぎっくり腰が治って、ふと鏡を見ると、
そこにはでっぷりとお腹の出た自分が…
そして体重計に乗ると…

あれだけ食事とトレーニングに頑張っていたのに、
たった1回ぎっくり腰になっただけで、すっかり冷めてしまい
減量をやめてしまったのです。

そして最後に一言。
「あー、減量なんてしていたからぎっくり腰になったんだ」
とか
「減量なんて体を壊すだけだから無理しないようにしよう」
「やっぱりあたくしは減量なんてできない人間なんだ」
などなど、こんな風に論理が飛躍し、
せっかく頑張っていた苦労を無に吹き飛ばすだけでなく
2度と減量をやらないように
自分で自分を方向づけてしまうんですよね。

そもそも、減量していたから
ぎっくり腰になるなんてことはありえません。

まったく無関係なのに、なぜか責任を減量に押し付けてしまい、
せっかくのチャンスを、
たかがぎっくり腰一つで吹き飛ばしてしまったのです!
ドクター選びは知識と経験がもっとも大切

ドクター選びは知識と経験がもっとも大切

★メニュー

レーシックで老眼も治療出来てしまいます
レーシック後には感染症が発生することも
術後に安定するまでの日数
レーシックはまだまだ歴史が浅い
レーシックをした後の視力回復について
遠視もレーシックで治療することが可能です
手術中に痛みが生じることも確かにある
ドクター選びは知識と経験がもっとも大切
一時的なレーシック手術の後遺症
レーシックは両目だけではなく片目でも出来ます


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシックの全てを知りたい!お役立ち情報