レーシック後には感染症が発生することも

レーシックにおきましては、手術が終わった後はしばらく目を清潔に保ちながら日々の生活を送る必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。 レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。
感染症と呼ばれているものは、レーシックの手術をしたことによる副作用であったり、または拒絶反応ということではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。

 

レーシックの手術を受けた後には、手術をした切り口が正常に近くなるまで意識的に目を清潔に保って生活をしましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。



レーシック後には感染症が発生することもブログ:2018-8-12

デトックスとは、
からだの中にたまった毒素をからだの外に排泄させることですが…
みなさまは、
デトックスとダイエットは関係があるって知ってましたか?

からだの中に毒素は多い人は、
その毒素の分解・排泄にエネルギーを多く使ってしまうため、
ダイエットの成功に必要な脂肪燃焼に使うエネルギーが
足りなくなってしまうことがあるのです。

人のからだには、自ら毒素を排泄する働きがありますが、
その働きを統括するのが自律神経です。
本来、自律神経は、からだの内側と外側の環境バランスを調整し、
生命を維持する役割を持っています。

しかし、これに毒素排出という大きな負担が加わると、
本来の仕事ができなくなってしまいます。

それで手薄になったのが
代謝系なら太りやすくなりますし、
ホルモン系ならばPMS(月経前症候群)や生理不順、
からだのラインが崩れる…という状態になってしまうのです。

だから、代謝系&ホルモン系の自律神経たちを、
余計な仕事である解毒作業から解放すれば、
本来の仕事に専念できるようになりますから、
ダイエットが成功しやすく、太りにくいからだを実現できるのです。

デトックスに最も効果的なやり方は、「断食」です。
丸ふつか間、固形物を食べないようにすると、
内蔵は排泄モードに切り替わり、
余分な水分や老廃物などをからだの外に出します。

本格的にデトックスを目的として断食する場合は、
丸ふつか間水分以外は、何もくちにしないというのが鉄則です。

なので、体調の良いときを選んで行われなければなりません。
専門の機関でしっかり体調をチェックし、
医師などの指導を受けて行うのがベストです。

自己判断で、断食するのは、
危険なダイエットですから、やめてくださいね!